有限会社 万殿建設

NEWS
お知らせ

新企画始動!!!パート10

本日も『窓』のお話です。

今日は既に建築完成した自社物件を今後の参考までに皆で見に行きました。
今回のお家は、もともと両隣にお家が立っている中での建売となっております。
※なお、当物件は既に売主様が決まっております。予めご了承くださいませ。

そのような状況から窓を設ける際には両隣の状況をみて、
すりガラスにする必要性の有無について社内で出ておりました。

例えば隣のお家の換気扇がこちらに向いている、ということが
予めわかっている場合、透明なガラスでは隣の日常があからさまになってしまうため、
すりガラスにしたほうがいいとのこと。

今回のことから今後のご近所付き合いのことも考え、
窓ガラスの種類も変えていく必要性を感じました。

窓ガラスの個人的な好みもあるかもしれませんが、
周辺環境に応じて、ガラスの種類を柔軟に変えていくことも、
そこで長く住んでく上ではやはり必要だと思いました。